お気に入りのダウンジャケットのお手入れは念入りに!ダウンジャケットを洗濯する際のポイントとは?

HOME > コラム > お気に入りのダウンジャケットのお手入れは念入りに!ダウンジャケットを洗濯する際のポイントとは?

冬場に重宝してくれるダウンジャケット。クリーニングに出すと時間や費用もかかるので、自宅での洗濯を検討する方も多いのではないでしょうか。

ダウン類は、通常の衣類と比べて洗濯方法が特殊なため、洗い方をしっかり理解しておかないと失敗しまうおそれがあります。正しい洗濯方法について見ていきましょう。

ダウンジャケットを自宅で洗う方法

ダウンジャケットを自宅で洗う方法

まず、ダウンジャケットを自宅で洗う方法について見てみましょう。下記の流れで洗濯すると、きれいに仕上がります。

1.生地のチェック

「ナイロン」もしくは「ポリエステル」であるか、ダウンジャケットの生地を確認してください。上記以外の素材は自宅での洗濯は避けるようにしましょう。

2.洗濯表示のチェック

「洗濯機」のマークではなく「手洗い」のマークが表示されている場合は、優しく手で洗ってください。その際に気をつける点は以下の通りです。

  • 中性洗剤を利用する
  • 汚れやすい部分は下洗いをしておくと◎
  • 洗剤液の入ったぬるま湯にダウンを浸けて、手で押しながら5分ほど洗う

「洗濯機」で洗濯可能な場合は、ボタンやファスナーをしっかり留めて、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

3.きれいにすすいで脱水

汚れた水は一度捨て、きれいな水で数回すすぎましょう。洗剤が残らないように大量の水でしっかりとすすぎ、柔軟剤を入れて少し時間を置いてください。その後、優しく脱水して完了です。

4.しっかり乾燥させる

ダウンをハンガーにかけ、軽く手で叩いて中の羽毛をほぐしましょう。羽毛を整えシワも伸ばしたら、直射日光の当たらない風通しの良い場所で自然乾燥をさせてください。

ダウンジャケットは非常に繊細な衣類なので、基本的な洗濯方法をしっかりと押さえておきましょう。

ダウンジャケットを洗濯する際の注意点

ダウンジャケットを洗濯する際の注意点

次に、ダウンジャケットの洗濯時における注意点を見てみましょう。

膨らみが足りない

本来の膨らみが戻っていない場合は、乾燥の不十分によるものです。水分が抜けていると感じても、もう1日長めに干してしっかり乾燥させてください。

また、キルティングの細かいダウンジャケットは、ダウンパック部分が狭く羽毛がほぐれにくいため、乾燥後もボリュームが復元しにくいという特徴があります。このタイプのダウン類は、クリーニング店に持っていくことをおすすめします。

際つきの発生

ベージュなどの中間色の場合は、「際つき」に注意しましょう。ダウン類は、羽毛が出ないように「ダウンプルーフ加工」が施され、通気性はそれほど高くありません。

そのため、乾燥時に水分を外部に放出させる経路が少なく、水分の逃げ道は縫い目に集中してしまうのです。その結果、縫い目部分に影のようなシミができる現象、際つきを引き起こしてしまいます。

前途の通り、ダウンジャケットは自宅での洗濯は可能ですが、生地・洗濯表示のチェックや前処理など、仕上がるまでに時間と手間がかかります。そこでおすすめなのが「宅配クリーニング」です。自宅で洗濯をする場合は、手間もかかりますし、失敗のリスクもあります。

その点、宅配クリーニングであれば、洗濯のプロが責任を持って丁寧に仕上げていきます。ダウンジャケットをクリーニングに出す際は、ぜひ宅配クリーニングの老舗であるせんたく便をご利用ください。

ダウンジャケットのお洗濯は宅配クリーニングで!

サイト名 せんたく便
本社所在地 〒522-0026 滋賀県彦根市大堀町380-1
電話番号 0120-096-929
FAX 0749-24-0176
メールアドレス info@yoshihara-cl.co.jp
説明

宅配クリーニングなら老舗の【せんたく便】へ。忙しくてお店に行く時間がない方でも、24時間ネットで受け付けているのでご利用ください。大量の衣類を運べないとお困りでも、配送無料で集荷しておりますのでご安心ください。ふとん丸洗いやコスプレ衣装のクリーニング、最長9ヶ月お預かりする保管サービスもご用意しております。全国から宅配クリーニングを受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。

会社名 株式会社ヨシハラ
URL https://www.sentakubin.co.jp/

サービス

インフォメーション